離婚をしたときの親権について

離婚をする人が増えています。それにはさまざまな理由が関係しています。離婚というとどちらかが不倫や浮気をしてしまったためと想像する方がいるかもしれません。しかし、実際にはそのような理由がなくても離婚してしまう人も存在します。性格の不一致から離婚をするというのはよく聞きます。結婚をする前は一緒にやっていけば上手くいくと思っていたのに、いざ一緒に暮らしてみると想像と違っていたことがたくさんあり、結果的に離婚をするというケースが少なくないのです。

親権問題もし夫婦に子供がいないならば、比較的スムーズに離婚することができるでしょう。本人達で細かい点を決めておけば、それ以外のことは特に気にする必要がないからです。しかし、もし子供がいたら話がややこしくなってしまうでしょう。特にその子供達がまだ小さいならば、どちらが子供をこれから育てていくのかきちんと決めなければいけないためです。

離婚をして子供を連れていく側は親権を持っています。親として子供を養っていくという権利が親権であり、親権を持つ親が責任を持って子供を引き取って一緒に暮らしていくことになるのです。親権に関してはさまざまなトラブルが起きることが多いです。たとえば子供が1人しかいなくて、夫婦のそれぞれが親権を主張するというケースもあります。このような親権の問題について説明しましょう。親権問題をどのように解決すれば良いのか、そのための方法を紹介しましょう。ぜひ参考にしてください。

Pocket

Comments are closed.