親権問題について

子供のいる夫婦の離婚では親権が話題になることが多いです。たとえ親権がなかったとしても、それによって親子関係が絶たれてしまうわけではありません。親権のない親にも扶養義務はあります。子供に会うことは可能であり、教育についても関与することができません。それでも親権を譲りたくないというケースは少なくないのです。

それでは親権とは具体的にどういったものかというと、これは未成年の子供を監護したり、養育したり、さらには財産の管理をしたり法定代理人として行動する権利や義務のことです。法律によって親権の内容はしっかりと定められています。

裁判所基本的に結婚している夫婦というのはその両方が子供に対する親権を持つことになります。しかし、離婚をする場合には共同で親権を行使することができなくなるのです。そのため、父母のいずれかを親権者として決めなければいけなくなります。協議離婚の場合はそこで親権者を定める必要があり、裁判離婚の場合には裁判所が親権者を定めてくれます。

親権には監護権があります。これは子供の近くにいて監護する権利のことです。したがって、基本的には親権を持っている親と一緒に子供が暮らすことになります。子供と一緒に暮らしたいと両方の親が思うために親権争いに発展することが多いです。続いては、弁護士に相談することについて説明します。

Pocket

Comments are closed.